日本の食卓

グラタンのサブメニューとなる副菜や和食と合わせる献立はこれ!

あつあつでトロトロ、クリーミーな味わいが美味しいグラタンは家庭で人気のメニューですよね。

グラタンと聞くと洋食のイメージですが、実は和食としても楽しむことができます。

献立次第で和食メニューに仕上がり、洋食が苦手な人手も美味しく食べられますよ。

また一般的にマカロニが入っていることが多いですが、白いご飯やパンなどと一緒におかずとして食べる人も多いのではないでしょうか。

グラタンだけでもおかずとして十分ですが、もう一品サブメニューがあると食卓がさらに豪華になるでしょう。

今回はグラタンの和食献立のおすすめと、サブメニューとして添えたい一品を紹介します。

グラタンの発祥、由来や語源!

まずはグラタンとはどんなものか知ると、どんな付け合わせや副菜が合いそうか見えてきますよ

グラタンの発祥

その発祥はフランス南東部にある、ドーフィネ州。

ドーフィネ州の伝統料理がベースとなって現在のグラタンが生まれたとされています。

グラタンの語源や意味

グラタンはフランス語で「gratin」と書きます。

その意味は”オーブンなどの調理器具を使用して、焦がすように焼いたもの”という事でまさに我々がイメージするグラタンそのものを指します。

しかしフランスにおいて『グラタン』は必ずしも一つの料理名ではなくいくつかのものを指します。

結局のところ焼いて焦げ目がついた料理であれば、全てグラタンと呼ぶのだそうです!

グラタンのサブメニューとなるおすすめの副菜

グラタンにもう一品サブメニューとなる副菜を付けると食卓が豪華になるだけでなく、グラタンの美味しさがさらにアップします!

おすすめのメニューをシーフードグラタンやポテトグラタンなど、グラタンの種類ごとに見ていきましょう。

■シーフードグラタンにはキノコとワカメのたっぷりサラダ

グラタンのサブメニューとなるおすすめの副菜・シーフードサラダ

シーフードグラタンにはエビやイカなど、タンパク質が豊富な食材が多く含まれています。

サブメニューには野菜を中心とした、シンプルなものを合わせると良いでしょう。

キノコとワカメ、その他に好きな野菜を使ったサラダがおすすめです。

ドレッシングもさっぱりしたものにすることで、グラタンの箸休めになります。

海と山バランスよく摂ることで健康に!!!

シンプルなマカロニグラタンにはカキフライを!

グラタンのサブメニューとなるおすすめの副菜・カキフライ

シンプルなグラタンには食べごたえがあり栄養豊富なカキフライを一緒にたべませんか!?

カキフライに含まれるビタミンやミネラルをはきのこ類や青菜野菜も添える事でさらに吸収が良くなりますよ。

ポテトグラタンに合わせるならシーフードの炒めものがピッタリ

グラタンのサブメニューとなるおすすめの副菜・シーフード炒め

ジャガイモをたっぷり使ったポテトグラタンには、シーフードの炒めものはいかがでしょうか。

ポテトグラタンはどうしてもタンパク質が不足しがになるので、エビやイカ、あさりなどのタンパク質が豊富な魚介類がピッタリです!

冷凍のシーフードミックスを、そのままフライパンで炒めて味付けすると簡単に作れますよ。

ホウレン草のグラタンにするなら鶏肉のチーズ焼き

グラタンのサブメニューとなるおすすめの副菜・鶏チーズ焼きホウレン草には貧血予防に効果的な鉄分が多く含まれています。

そして鉄分の吸収を促してくれるのが、タンパク質です。

タンパク質を多く含む鶏肉のチーズ焼きは、ホウレン草との相性がバッチリ

鶏肉の上にスライスチーズを乗せて、フライパンで焼けば完成と簡単ながら盛り付けを工夫するだけで豪華に見えるのもポイントです。

グラタンを和食と合わせる献立のおすすめ

グラタンを和食と合わせる献立のおすすめ

グラタンは献立次第で立派な和食メニューになります。

このような献立はいかがでしょうか?

グラタンで和食?美味しい献立①

・里芋とレンコンのグラタン
・豚の生姜焼き
・白いご飯
・豆腐とわかめの味噌汁

ジャガイモの代わりに里芋、そしてレンコンを入れ最後に醬油を少々加えた和風テイストのグラタンで!

そしてグラタンだけでは物足りない人にピッタリなのが、豚の生姜焼きとの組み合わせです。

どちらもメインディッシュになるので、お腹いっぱい食べることができますよ。

グラタンと豚の生姜焼きはそれぞれ味の特徴が異なるので、互いにケンカすることなく、白いご飯にも良く合います。

ただしこってりとしたメニューになるので、味噌汁は豆腐とわかめなど、シンプルな具材のものが良いですね!

グラタンで和食?美味しい献立②

・ホウレン草のグラタン
・鮭のチャンチャン焼き
・白いご飯
・酢の物

ホウレン草のグラタンはメジャーですが、ホワイトソースに白味噌を少し加えると和風テイストに変化!

それに合わせるのが簡単に作れる鮭を使ったチャンチャン焼きです。

タマネギやエリンギなどの好きな具材と一緒に、アルミホイルに包んで焼きましょう。

こちらも白みそで味付けをすれば、全体的な味が整いさっぱりとした風味に仕上がります。

さらに酢の物を添えることで、口直しにもなりますね!

グラタンで和食?美味しい献立③

・白みそと豆乳のグラタン
・白いご飯
・キノコソテー
・豚汁

ベシャメルソースを白みそと豆乳で作ったものでグラタンをこしらえてみましょう!

白みそのコク深い味わいと豆乳の濃厚さが、グラタンを和食に変えてくれます。

具材にはエビや鶏肉、大根、長いもなどが上手くマッチしますよ。

そんなグラタンとの栄養のバランスを考えた和食献立が、キノコソテーと豚汁との組み合わせです。

ビタミンやカリウムがたっぷり含まれるキノコソテーと、タンパク質やビタミンを持つ豚肉、そのほか豊富な栄養素を持つ野菜がたっぷり入った豚汁で、グラタンの栄養不足を解消してくれます。

まとめ

グラタンはフランス発祥の洋食ですが、献立次第で立派な和食にもなります。

里芋や鮭、白みそなどの”和”らしい食材を使用すれば、今までとはまた一味違った美味しさを発見できるかもしれませんよ。

そして食べ合わせや栄養を考えたサブメニューで食卓が一気に豪華になります。

食べるグラタンの種類に合わせて、色々試してみてください!