フランス料理

AOCチーズ・シャウルスとは?食べ方や特徴、レシピを紹介!

カマンベールの様な姿のシャウルスチーズ
一体、どんな味がするのか、美味しい食べ方など、気になりますよね。

今回はシャウルスチーズの美味しい食べ方や、あなたにあったシャウルスチーズの熟成具合の見つけ方、シャウルスチーズの由来、AOPAOCについてご紹介します。

シャウルスチーズの意味・起源

「シャウルス」という名前はフランスの北東部シャンパーニュ地方の南にある町「シャウルス」が由来となっています。

作られ始めたのは12世紀に修道院で作られ始めた説もあるそうです。
つづりは違いますが、「シャ」は猫、「ウルス」は熊を意味しているそうです。

これらより、シャウルスチーズのラベルには、猫と熊がデザインされています。

シャウルスチーズの特徴や作り方

見た目はカマンベールに似た、白カビのタイプのチーズです。
直径が約11cm、高さが約6cmの円筒型で、カマンベールと見比べてみるととても分厚く高さがあります

作り方は・・・
無殺菌乳を使って24時間かけてじっくり凝固させて型に入れ、約2日かけてゆっくり水分を抜きます。その後、型から出して、白カビを表面にかけて、最低15日間、徹底された温度管理をして熟成します。
大量生産ができず、昔ながらの方法で作られるチーズです。

→保存期間が延びると、熟成が更に進みます。

カマンベールでは中身がトロトロになるとおいしく感じます(個人的嗜好です)が、シャウルスチーズの場合は、トロトロになる一歩前の少し芯がある状態もおいしいですよ!

味の特徴

熟成の若いものは・・・
表面の白カビが淡雪のようで、とろけるような舌ざわりでクリームチーズのような優しい味わい。

熟成具合が高いものは・・・
中身はトロトロになり、深いコクが出てしっかりとしたうま味も感じられフルーツの爽やかな酸味やナッツのような風味も感じられます。

とても奥深いチーズですね!
熟成が進むとチーズのクセが出てきますので、カマンベールのクセなどが苦手な方は、熟成前のマイルドなものを食べるのがおすすめですよ。
ベストな食べごろはそれぞれの方によって十人十色です。
お好きな食べごろを探してみてくださいね。

シャウルスチーズの美味しい食べ方

 

View this post on Instagram

 

Chisato Satakeさん(@chisatosss)がシェアした投稿

・そのままで食べる
上の写真は熟成後期のものでかなりトロトロ。
もちろんそのままでも頂けます。

・バケットにのせて
フランスパンやクラッカーにのせ、ブラックペッパーをふりかけるだけで一品出来上がり。

・ワイン及びスパークリングのお供に
若い熟成のものは同じ故郷のシャンパンと共に、熟成の高いものはシャブリと共に

・レーズン等のドライフルーツや甘い果物と共に

・シャウルス+柚子胡椒
柚子胡椒を風味付けにつけると、シャウルスチーズの味が引き立ちます。

・シャウルスチーズのリゾット(トロトロの熟成度の高いものがおすすめ)
シャウルスの中身を抜いたものを器にすると、とてもおしゃれですね。

・ホワイトソースと一緒に包み、クリームコロッケに入れて

AOPとAOCについて

シャウルスチーズは1977年にAOCを取得しています。

チーズのラベルにAOPやAOCが記載されていて、見たり聞いたりしたことがあるかもしれません。
チーズだけでなく、ワインなどにも表記されています。
これらは高品質の証明となっています。

AOC

フランスが定めた規格。政府からのお墨付きで、「この商品は政府公認で本物です!」と意味しています。
チーズに関しては生産地域や牛や羊の搾乳の時期、生産方法など厳しく15項目規定されています。

とても厳しく制限されているため、認定されているチーズは45種類しかないそうです。

AOP

ヨーロッパ共通の規格。AOCと同じ意味合いを持ちます。
消費者に分かりやすくするために2006年よりヨーロッパ全体で、この名称を統一するようになります。AOCからAOPにゆくゆくは移行されるそうです。

現在はAOP(AOC)といった表記になっています。

まとめ

熟成具合で風味、味や食感など七変化するシャウルスチーズ、とても惹きつけられますね。また、AOP(AOC)とフランス公認のチーズだけあって、食べたくなりますよね。スーパーに売っていない場合は輸入食料品やAmazon等のECサイトでも購入できます。

ご自身でお好みの熟成具合を発見出来たら幸いです。
また、上記でご紹介した色々な組み合わせで食べると、新たな味の発見にも繋がり楽しめます。
ぜひ、お試しください!