イタリア料理

パスタ・トラパネーゼとはどんな料理? 意味や由来、簡単旨レシピ!

「トラパネーゼ」という名を耳にしたことはありますか?

一体どのような材料が使われていて、なぜそのような名前になったのでしょう。

今はピンと来なかったとしても、こちらの記事を読んだ後にはきっと「トラパネーゼを食べてみたい!」という気持ちになります。

ここではそんなトラパネーゼについてその意味や由来、美味しいソース&パスタレシピについて紹介していきます!

トラパネーゼとは?その特徴

出典:https://www.campodoro.com/en/products/sicilian-pesto/trapanese-pesto-sauce/

トラパネーゼ(Trapanese)はアーモンド・トマトなどが使われているペースト状のパスタやチーズ用のソースのこのです。

しかし不思議なことに見た目には茶色くややくすんだ色をしていて、あまりトマトの赤みを感じません。

このソースを作る際に基本となる材料は、

  • アーモンド
  • トマト
  • バジリコ
  • ニンニク
  • パルメザンチーズ

となっています。
それにしてもアーモンドがメインで使われているのは珍しいですよね!?
また、ゆるいペースト状のソースですので、

  • フランスパンに塗って前菜に
  • キノコやチーズに乗せてホイル焼きに
  • 白身魚を煮込んでメインのおかずに

などなどパスタやピザだけでなく、様々なレシピに使うことが可能な万能ソースなんです!

トラパネーゼの起源と由来

「トラーパ二」というのは、イタリアの南の地方にあるシチリア島の西部に位置する都市です。

という事で「トラパネーゼ」とは、イタリア語で言うところの「トラーパ二風」という意味です。

「トラパネーゼ」にはアーモンドが大量に使われていますがシチリア島は世界有数のアーモンドの産地なんですよ!

また、「トラーパニ」から10キロ程の街で栽培されている、「ヌッピアの赤ニンニク」を使わずして、良いトラパネーゼを作ることが出来ないと言われています。

 

トラパネーゼはニンニクの風味を強く感じるソースで、実際に大量に使われています。

ですので、このトラパネーゼを使ったパスタを「パスタ・ク・アッギア」=「ニンニクのパスタ」と呼ばれることもあります。

北のジェノベーゼ、南のトラパネーゼ!

イタリア北部の伝統的なペーストは、バジリコの緑色が印象的な「ジェノベーゼ」であり、これを用いた「ジェノバ料理」が有名です。

それに対して、南部の伝統的なペーストは「トラパネーゼ」を使った「シチリア料理」であると比較されることがあります。

カンタンで美味しいトラパネーゼパスタのレシピ+α

アーモンドを使ったソースを食べたことのない人には、なかなかトラパネーゼの味は想像がつきませんよね。
こちらでは、ご家庭で簡単に作れるトラパネーゼパスタの作り方と、それを使ったアレンジレシピをご紹介します。

トラパネーゼソース<材料>
・アーモンド 30g
・バジリコ 10枚
・にんにく ひとかけ
・塩 ひとつまみ
・オリーブオイル 大さじ2
・ホールトマト1缶

<作り方>

  1. アーモンドを湯むきし、沸かしたお湯に入れます。
  2. その後、火を止めて五分ほど置いておきます。
  3. すべての材料を、フードプロセッサーで混ぜて、ペースト状にします。
  4. 無ければ、すり鉢でペースト状になるまで混ぜます→ソース完成!
  5. パスタの茹で汁少々と④で完成したソースを火にかけて塩コショウで味を整えます。
  6. パスタを投入し混ぜ合わせます!
  7. お皿に盛りパルメザンチーズ、エクストラバージンオリーブオイルをお好みでかけ、バジルをのせたら完成!!!
パスタはお好みのものでOK。
ロングはもちろん、ペンネなどのショートパスタとの相性もとってもいいですよ!本来のトラパネーゼは茶色っぽい色合いをしているのですが、この色合いがあまり好きではない人もいるようです。
もしトマトの色彩を出した鮮やかなソースを作りたい場合、トマトを少し多めに入れると色合いがいい塩梅になるのでお好みの加減で調節してみてください。

・余ったソースは冷蔵庫で保存しましょう!

トラパネーゼを使ったブルスケッタ

一度ソースを作ってしまえば、あとはそれを使って色々なものに合わせることが出来ます!

 

View this post on Instagram

 

☕ ☕ ☕ ☕ ☕さん(@cappuccinotussi)がシェアした投稿

<材料>
トラパネーゼソース
1cm角に切ったトマト
チーズ
バジル

作り方!

  1. スライスしたフランスパンにトラパネーゼソース、トマト、チーズ乗せ、コショウを振ってオーブンで200℃で8分程焼く
  2. 完成!

とっても簡単でしょ!?

パンをナスに変えてみても美味しいですよ。
茄子は、シチリアの料理には欠かせない食材でとても相性が良い組み合わせです。

トラパネーゼは、比較的どんな食材とも合うソースですので色々な食材と一緒に試してみてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私たちにはあまり馴染みがないトラパネーゼですが、イタリア南部を代表する有名な郷土料理です。

不思議な組み合わせだけどなぜかすごく美味しい、トマト、アーモンド、ニンニクの絶妙なハーモニーを味わってみてはいかがでしょうか?