イタリア料理

ピアディーナとはどんなもの?ぴったりな具材&簡単レシピも公開!

ピアディーナという食べ物、聞いた事ありますか?
あまり日本では見たことがなく、聞き慣れない名前ですよね。

ここではピアディーナとはどんなものなのか?そっくりな見た目のトルティーヤとの違い、起源や発祥、簡単レシピとぴったりな具材をご紹介していきます。

ピアディーナとは?


ピアディーナ(Piadina)は小麦粉、水、塩と油分を混ぜた物を円形に薄く伸ばして焼いた生地です

パリッとした食感の生地の野菜やソーセージ、チーズやディップなどを挟んで食べます。

イタリアの国民食、ストリートフードとして親しまれ現地では屋台などでも売られています。

 

生地は小麦粉が主体、酵母を使っていないため、ナンやパンとは異なり膨らまずに薄い生地となります。
(ベーキングパウダーを入れることもあるが極めて少量)

現地では軽い食事として食べられており、現地の売店や移動式の露店のようなお店でよく売られています。
国民食として親しまれていてイタリアの家庭にはピアディーナ専用の平たいフライパンをもっている家庭が多いんです。

最近では日本国内にもピアディーナ専門店ができ始めていますので、これから親しまれていくかもしれませんね!?

ピアディーナの起源は?

イタリア北部のエミリアロマーニャ地方が発祥という説があります。

今でさえイタリア全土でメジャーな食べ物となっていますが、元々は貧しい料理として知られていたようで、古代ローマ時代から食べられています

ルネッサンス期に各地域に広がっていった料理という説があり、ただ具を挟むだけでなく、色々な食べ方がありますね。

具材をただ挟むだけのものをピアディーナと呼び、挟むのではなく丸めたものをロトリーノ

生地に卵を入れ具材ごと生地の端部分を焼き付けたものをクレッショーネとも呼ばれており、ピアディーノがイタリアにおいてメジャーですが、どの作り方が発祥かははっきりしていません。

ピアディーナとトルティーヤの違い

見た目にはほぼ同じもののように見えるピアディーナとトルティーヤですが、この2つの違いは何どういったところなのでしょうか?

調べてみたところ・・・

ピアディーナは主原料が小麦粉であることは先程お話しました。

しかしそもそもトルティーヤはトウモロコシをアルカリ処理した粉で作られるもので、現代になり、小麦粉から作られるようになったんです。

そして

  • トルティーヤ    小麦粉、水、塩、サラダ油、コーンフラワー
  • ピアディーナ   小麦粉、水、塩、ラード(またはオリーブオイル)

この様に使われる油が違います。

それにより生地の風味や甘みに違いが出ます。

そしてトルティーヤはメキシコ及びアメリカ合衆国南西部の発祥というところも違いますね。

 

→見た目は似ていますが、もともと別のものなんですね!

ピアディーナの食べ方とは?

→地域によって作り方や材料が異なります。

様々な具材があり、魚系の食材以外で食べる事が多いです。

野菜だけだと味気なく感じてしまうかもしれないため、肉系の具材は必須ですね。

・現地の店で頼むときには具を選ぶことができ、肉系であれば生ハム、豚肉、ローストポークやソーセージなど色々なものを挟みます。

野菜はラディッシュやアスパラ、ルッコラやタマネギを加えます。
アクセントとしてチーズも一緒に挟みコクをプラスします。

ソースとしてはケチャップやタバスコ、レモン汁など。
場合によってはヨーグルトや生クリームを入れたりする場合もあり、非常にバリエーション豊富な料理とされています。

動物油のラードを使用しているものが多いのですが、最近ではビーガンの方のために動物性の肉などが一切使用されていないベジタリアンのものや、グルテンフリーもあります!

ピアディーナのかんたんレシピ!


それでは、お待ちかねレシピのご紹介です。
今回は生地から作っていきますが非常に作りやすいので、普段料理をしない方もチャレンジしてみて下さい。

<生地から作る簡単ピアディーナレシピ!>※生地約5枚分。

  • 強力粉(130g)
  • ベーキングパウダー(3~5g)
  • 塩(ひとつまみ程度)
  • ぬるま湯(60g)
  • 牛乳(15g)
  • オリーブオイル(適量)
  • ハム(お好み)
  • タバスコ(お好み)
  • ケチャップ(お好み)
  • モッツァレラチーズ(お好み) ※とろけるチーズでもOK
  • レタス(お好み)
  1. ボウルにベーキングパウダーと強力粉を入れ混ぜ合わせる。
  2. ぬるま湯に塩を溶かしておく。
  3. 「1」の中に「2」とオリーブオイル、牛乳を加えて混ぜる。
  4. 生地が馴染んできたらラップで包み1時間30分寝かせる。
  5. 取り出した生地を5つに分けて薄く伸ばす。
  6. フライパンを熱し、片面1分ずつ焼いていく。
  7. 焼き上がった生地にケチャップを塗ります。
  8. 生地の真ん中にチーズをのせ、ハム、レタスを乗せます。
    2つに折り曲げてタバスコをお好みでかけて完成!!
・生地をフライパンで焼く際に、フライ返しなどで軽く押しながら焼き、3~5分(焼き色をみながら)に焼き時間を伸ばすとパリッと仕上がるのでお好みでどうぞ!

・ケチャップに代わりタルタルソースなどを生地に塗ると味にバリエーションがでて飽きがきません。

まとめ

ピアディーナについて紹介をしてきました。

生地さえあれば具材を挟むだけなので、小腹が空いたときにおやつ感覚で食べる事ができますね。
お肉を抜く(もしくはサラダチキンにするなどする)と食感はあまり変わらずカロリーが落ちるため、ダイエット中の食事としてもいいですよ!

レシピではシンプルな具材をご紹介しましたが、お好きな具を入れて是非お試し下さいね!