イタリア料理

ピザ・ディアボラとは?気になる意味や由来、レシピを公開!

現在では老若男女幅広い世代で食されるピザ。
そんなピザの中で『ディアボラ』ってご存知ですか?

「なんか強そうな名前だけど、どんな味なんだろ!?」

ここではそんな方のためにディアボラというピザについてその意味や由来、そして簡単レシピを紹介します。

ディアボラ風ピザとはどういうもの? ディアボラ風って?

まず、どういったピザをディアボラと呼ぶのでしょうか…?

  • トマトソース
  • 唐辛子
  • チキン
  • サラミ

この4点を押さえたピザをディアボラと呼ぶようです。
さらに唐辛子の他にも香辛料を使ってスパイシーに仕上げたりします。

お酒に合いそうな大人向けのピザですね!
普段トマトソースのピザにタバスコをかけて食べている方でもディアボラの場合はその必要がないかもしれません。

タバスコで分かる通り、トマトソースに辛みはとっても相性抜群ですよね。
スパイシーな香りもしっかり食欲を刺激してくれるピザなのです。

そして近年はチキンをのせず、サラミやチョリソーで仕上げるディアボラもかなり多いようです。
確かにチキンにサラミだととってもボリューミーですもんね。

また、ピザではなく『ディアボラ風ソース』というのを最近耳にしませんか?
ソースには、唐辛子が入っている可能性はあるものの、チキンもサラミもトマトソースも見当たりません…。

こちらはディアボラチキンを使ったピザですが、ピッツァディアボラなのだそう。
赤くないし辛くもなさそう・・・。
ですので

赤くて辛いorスパイシーなチキンを使っていたら”ディアボラ”と呼ぶのが現状のようです。

それでいて近年はチキンの代わりにサラミやチョリソーで済ませることが多いようですし、ディアボラは”コレ!”というはっきりした定義が難しいのです。

ですが、

・ディアボラ風ソースというのは、唐辛子や香辛料などを使ったスパイシーなソース

と理解しておくのは間違いありません。

また、チキン料理であればディアボラになるとのことなので、チキンのディアボラ風ソースという表記であれば、チキンにスパイシーなソースがかかった料理を想像しておくと間違いないはずです。
ちょっとそのあたりなかなか難しいですね・・・(汗)

しかし定義がむつかしい(汗)それって一体どういうことなのでしょうか…?
その起源、意味を探ってみると・・・

ディアボラの起原、意味

ディアボラ(diavola)とはイタリア語で「悪魔・小悪魔」という意味です。

なぜ「悪魔・小悪魔」となったのか。
それには2種類の意味があるようですよ。

  1. ひとつめは、唐辛子や香辛料を使った赤みを悪魔にたとえた、また、辛さで食べた人が業火に焼かれたようになってしまう悪魔のような辛いピザという意味。
  2. ふたつめは、チキンを使ったピザということ。
    イタリアでは手羽が足を広げた姿は、悪魔がマントを広げた姿を連想させるということで、チキンを使った料理をディアボラと呼ぶそうですよ。

ディアボラはもともとチキン料理でイタリアのトスカーナ州インプルネータ(Impruneta)が発祥とも言われています。

ピザ・ディアボラのレシピやカロリー

ここでは自宅でも作れるディアボラのレシピを紹介します。

    カンタンシンプルなピッツァディアボラ  材料(2人前)

  • ピザ生地 … 220g
  • トマトソース               … 70cc
  • モッツァレラチーズ            … 130g
  • ナポリサラミ               … 20g
  • ンドゥイヤ                … 30g
  • 黒オリーブ(種なしオイル漬)       … 20g

※聞きなれない”ナポリサラミ”や”ンドゥイヤ”ですが、お近くのカルディなどで手に入るようですよ。
ないときは、普通のサラミ+唐辛子やチョリソーで代用してみても美味しくできますよ。

作り方

  1. ピザ生地を丸くそして薄く延ばした生地にトマトソースを塗る。
  2. モッツァレラチーズ、ナポリサラミ、ンドゥイヤ、スライスした黒オリーブをのせる。
  3. オーブンで端に焼き目が付くくらい焼き上げたら完成。

どうですか?
カンタンに作れちゃいそうですよね!?
ピザ生地はご自身で作るのがちょっと面倒な場合は買ってきたものを使うといいですよ!

スパイシーなナポリサラミと、辛口ペーストサラミのンドゥイアが”ディアボラ”であるポイントですね。

カロリーは?

さて、美味しいそうなディアボラですが、カロリーが気になりますよね。
どれくらいなのでしょうか?他のピザと比較してみました。

まず、王道のマルゲリータが565kcal
トマトとバジルとモッツァレラチーズとシンプルですから、ピザの中ではカロリーが低めなようです。
次に、半熟卵のビスマルクのカロリーは812kcal
半熟卵にベーコン、アスパラガスとモッツァレラチーズをのせるビスマルク。
やはりベーコンなどの肉系が入るとカロリーが高くなりますね。

それに対し一般的なディアボラのカロリーは、620kcal
サラミにチキンと肉系ががっつりのるのにも関わらず、やや控えめな印象ですね!

肉系のピザをがっつり食べたいけど、カロリーも気になる…という方にオススメです。
今後、ピザを選ぶ際の参考にしてみてくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はピザ・ディアボラについてご紹介しました。
ディアボラの正体は、スパイシーでチキンとサラミを使ったトマトソースのピザでしたね!

さすが小悪魔、翻弄上手です(笑)
辛いものが好きな方や、お酒が好きな方にもピッタリなので機会があったら是非食べてみてくださいね♪
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。