日本の食卓

冷やし中華に合う付け合せは?もう一品のサイドメニューに合うおかず!

夏の季節の定番メニューと聞いて、冷やし中華を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか!?

ツルツルとしたのど越しの麺と酸味のあるさっぱりとしたスープ、そしてキュウリや錦糸卵、ハムといったトッピングの相性がバツグン。

食欲が落ちがちな夏でもペロリと食べきる事ができてしまいます!

食べごたえのある冷やし中華は単品でも美味しいですが、付け合わせを変えたり、サイドメニューをプラスしたりすることで、普段とはまた違った味を楽しめますよ!

ここではそんな冷やし中華に合う付け合わせ、そしてサイドメニューにおすすめのおかずを紹介します。

冷やし中華に合う付け合せはこれ!

冷やし中華に合う付け合せはこれ!

冷やし中華に合わせる具材というか付け合わせといえば、キュウリや錦糸卵、トマト、ハム、そして紅生姜あたりが定番ですよね!?

他にもぴったりな付け合わせがあるので、チェックしていきましょう。

蒸しエビ

こちらはほぼ定番とも言える蒸しエビです。

冷凍になっている一口大のエビを軽く蒸して、トッピングに加えてみましょう。

いつもの冷やし中華が少し豪華に見えますよ。エビの甘い風味も、冷やし中華のあっさりスープと良く合います。

また豊富なタンパク質を含みながらも低脂肪で、体重が気になる人にもおすすめです。

温泉タマゴ

冷やし中華に合う付け合せ・温泉卵

ゆでタマゴをトッピングする人はいますが、温泉タマゴも美味しいですよ。

コンビニやスーパーで売っている温泉タマゴを、そのまま乗せてみましょう。

とろっとしたタマゴが中華麺と良く絡み濃厚な味わいを楽しめますし、タマゴのぷるぷる感が食欲を更にかき立ててくれます!

キムチ

万能選手のキムチは冷やし中華にもぴったりです。

タレとの相性もいいですし、発酵食品なので身体にも良し

辛いモノ好きなら是非加えるべき一品です。

メンマ

そう、ラーメンに添えるあのメンマです。

柔らかい具材が多い冷やし中華に”しゃこしゃこ”した独特の歯ごたえを加えます

しっかり噛んで唾液の分泌を促すことは消化を助ける働きも期待できるのでおすすめです!

納豆

冷やし中華に合う付け合せ・納豆

ちょっぴり意外な付け合わせのおすすめは納豆です。

お好きな種類の納豆をしっかり混ぜてから、冷やし中華にトッピングしてみてください。

その見た目に一瞬不安がよぎりますが、納豆好きなら味の想像が付くでしょう!

冷やし中華はタレのベースがお醤油ですから納豆をのせても違和感なく食べられます

納豆のネバネバ感が麺に絡みあっさりスープともバッチリ、のど越しも軽くなるので食欲がない時にぴったりの付け合わせです。

タルタルソース

カロリーはアップしますが、こってりとしたコクと食べごたえがUPする付け合せです!

素のマヨネーズのまろやかさと酸味、玉ねぎやピクルスのシャキシャキで食欲が刺激されます。

醤油だれはもちろんですが、ゴマダレにも意外と合うんですよ!

冷やし中華に合うサイドメニュー、あともう一品のおかずはこれ!

冷やし中華に合うサイドメニュー!あともう一品のおかず

冷やし中華だけでも美味しいですが、サイドメニューに工夫をすることで、もっと美味しく食べられるようになりますよ。

もう一品付ける際におすすめのおかずを紹介します。

豚の冷しゃぶ

さっぱりとした冷やし中華に、さっぱりとしたおかずを合わせるなら豚の冷しゃぶで決まりです。

脂身の少ないロースを使用するとヘルシーになります。

さらに大根おろしを乗せて、ポン酢味にするのもおすすめですよ。

豚肉には疲労回復効果もあるので、夏バテ解消にもぴったりなおかずです。

まぐろユッケ

最後はまぐろユッケです。

低糖質・高タンパクなまぐろの赤身にショウガ、ミョウガ、青じそを使ってさっぱり味に作ると思いきや・・・ごま油と焼肉のタレで香りもバッチリ!

風味が豊かで味がしっかりしているので量が多くなくてもお腹が満足出来ます。

食卓も華やかになりますよ!

”マグロ”じゃなくて他のお刺身で作っても美味しいですよ!!!

鶏の唐揚げ

冷やし中華に合うサイドメニュー!あともう一品のおかず・唐揚げ

がっつりと食事をするなら、鶏の唐揚げはいかがでしょうか?

ボリューム満点で食べ応えがありますよ!

ニンニクで下味を付けると風味が増して、どんどん食が進みます。

冷やし中華のスープに絡めて食べるのもおすすめで、唐揚げ自体もさっぱりと食べられますよ!

チャーハン

こちらもガッツリいきたい方におすすめのサイドメニュー。

冷やし中華と”白いご飯”だと相性は微妙ですが、チャーハンならぴったり。

同じ”炭水化物合わせ”ですが、おかずとして考えればアリですよね。

町の中華料理店でも夏にはこのセットがとても人気なんだそうですよ!

冷やし中華は食べ過ぎると太る?

冷やし中華は食べ過ぎると太る?

夏の食欲不振時でもお箸がススム冷やし中華、さっぱりとした味つけでカロリーは高そうに見えませんが実際はどうなのでしょうか?

麺の量やトッピングする具材の種類によってカロリーは異なりますが、冷やし中華1人前のカロリーはおおむね340kcalです。

麺は一般的な中華麺を使用しているためラーメンなどの麺とカロリーは変わりません。

しかしお肉の脂がたっぷり含まれたラーメンのスープに比べると、冷やし中華のスープはヘルシー

ラーメンのカロリーは500~700kcalですからそれと比べるとだいぶ低いですね。

上記カロリーは”醤油ベースのタレ”の場合。

ゴマダレにするとカロリーは20kcalほどUPします。

冷やし中華は食べ過ぎる、ということはあまりないと思いますし、ゴマダレにしたりマヨネーズを使ってもカロリーはそれほど変わりません。

よほど食べすぎない限り太る原因になることはまず無いと思っていいでしょう!

冷やし中華に合う付け合せとおかずのまとめ

暑い夏に食べたくなるのが冷やし中華。

つるっとしたのど越しが美味しく、食欲が落ちている時でもしっかりと食べられますよね。

いつもの冷やし中華の付け合わせをアレンジしたり、サイドメニューを工夫したりすることで、美味しさがグンとアップします。

今回紹介したメニューを参考にして、美味しい冷やし中華を楽しんでくださいね。