日本の食卓

餃子の子供にもおすすめなバランス献立!パーティー向け、うどん餃子の場合は?

餃子の子供にもおすすめのバランス献立!パーティー向け、うどん餃子の場合は?

中華の代表料理でありながら日本の国民食の「餃子」。

お酒のツマミからごはんのおかずにまで日常のあらゆる場面で食べられていて、キングオブ”おかず”と言えるのではないでしょうか?

そんな「餃子」の献立を考える際に他のおかずをどうすればいいのかが悩みどころ。

ここではそんな時のために餃子に合うバランス献立から子供向けやパーティー向け、そしてうどんと合わた献立まで紹介していきます!

子供にもおすすめ餃子に合うバランス献立!

子供にもおすすめ餃子に合うバランス献立!

そもそも餃子はタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル”の5大栄養素のバランスが良い料理なんです。

さらに材料が細かく切ってあって胃への負担が少ないため消化にも良いんですよね!

だから色々な料理と相性が良し!

アザーるくん
アザーるくん
でもそれじゃあ献立が決められないよぅ

そこで献立を考える際はテーマを決めて構成するのがオススメ。

餃子のかんたんバランス献立!

・餃子
・ごはん
・トマトと卵の中華スープ
・お新香

とってもシンプルですが、栄養バランス的には充分

餃子は油を使った料理なので、お口をさっぱりさせるのにトマトと卵のスープがとても合います。

基本的には餃子×ごはんで食べ進め、途中にお新香を挟みつつ、さらにスープでさっぱりという感じ。

ちなみに『トマトと卵のスープ』は鶏ガラやウェイパーなどの中華だしに塩コショウの味付けだけで出来るのかんたんというのもポイントです。

お子さんもぱくぱく食べ進められますよ!

餃子のさっぱり献立!

・餃子
・ごはん
・海藻サラダ
・温泉卵
・みつばとネギのスープ

卵は温泉卵の状態が一番栄養吸収率がいいのはご存知ですか?

温泉卵は出汁を入れ、ごはんに乗せても良し、餃子を付けても良し、海苔を付けごはんに巻いても美味しいですよね!

さっぱりシソドレッシングで食べたい海藻サラダは、食物繊維がたっぷり含まれているので脂肪分の吸収を緩やかにしてくれる効果もあるんです。

スープはシンプルに、シャキシャキの食感を味わえるように。

どれも味の種類が違うので飽きずに最後まで美味しく食べられるのもポイントです!

水餃子の献立!

・水餃子
・チャーハン
・きのこともやしのスープ
・キムチ

日本では餃子といえば”焼餃子”のイメージですが、本場中国では餃子といえば”水餃子”。

調理の際油を使わないことからサッパリ食べられる水餃子は色々なものと合わせやすいのですが、今回はこちら!

水餃子はショウガを添えて、炭水化物、たんぱく質、脂質の消化を助ける効果がある大根おろしをたっぷり入れたポン酢で食べましょう

その分”お米”はガッツリチャーハンで食べごたえもしっかり!

スープはキノコともやしで食感と栄養も補完しつつ、仕上げにサッパリキムチがあればその”赤”で食卓も華やかに。

見た目と栄養のバランスが取れているうえ、どれもサッと作れるおすすめ献立です!

餃子鍋もアリ!

餃子鍋もアリ!

餃子を鍋の具材として頂くのも全然アリです。

お好きな素材と味で食べられる餃子鍋は簡単に作れて栄養バランスもバッチリ(具材にもよりますが…)

↑写真のように麺まで入れればそれだけでも献立が成立してしまうので”超かんたん”ですし、洗い物も少なくて済むのであらゆる意味で効率的ですよ!

餃子パーティー向け献立!

餃子パーティー向け献立!

パーティーでみんなワイワイ!そんなときにも餃子はぴったり。

焼き・揚げ・茹でなど色々なバリエーションを用意すればみんな喜ぶこと間違いなしです!

そして具材もいろいろ変えて用意するといいですね。

  • シソ
  • チーズ
  • エビ
  • キムチ
  • シーチキン
  • 納豆
  • パクチー

などなど他にも思いついたものなら何でも大丈夫(なハズ?)。

そこに合わせる副菜はサラダとスープがあればOK

”餃子”そのものにコダワって、献立の方はむしろシンプルにした方が”餃子パーティー感”が出ますよ!

・サラダには

  • ごぼうサラダ
    食物繊維たっぷり!
  • ササミと大根のサラダ
    さっぱり!
  • 湯でもやし
    浜松餃子風に!

なんていかがでしょうか?

餃子をたくさん食べる事を想定し、消化にいいものやサッパリ食べられるものなどが合いますよ。

・スープには

  • 豆腐の味噌汁
    敢えて軽くて優しいお味噌汁に!
  • 卵スープ
    あえてシンプルに、とろみをちょっと付けても良し!
  • ガスパチョ
    スペインの冷製トマトスープ

あくまで主役は餃子なので、ここは奇をてらわずにシンプル&スタンダードなスープで。

ガスパチョはちょっと変化球のような気もしますが、餃子が”熱い料理”なのでいい感じにさっぱり舌休めになるんです(経験済)。

色々な餃子をメイン楽しむのであればコレでももう充分とは思いますが、もっと品数が欲しい場合は

  • 餃子と味の全く違う生春巻き、アボカドサラダ
  • パーティーっぽく”チキン”やピザもアリ!

などがあるとより華やかになること間違いなしです!

どんなパーティーのメンバーや人数に合わせ整えてみてくださいね。

うどん餃子の献立は?

うどん餃子の献立は?

今徐々に話題になっているうどん餃子。

実は大阪府高槻市のご当地グルメとしても猛プッシュされているんですよ!

皮がなくその代わりにうどんを使いタネと混ぜ合わせたものなので、献立はどうすれば?と迷ってしまいそうになりますよね。

ここではそんなうどん餃子にぴったりな献立を紹介します。

うどん餃子の献立1、主食も兼ねて。

・うどん餃子
・豆乳汁
・コールスロー

うどん餃子は薄味に作ってお好み焼きのような主食+αな立ち位置

そこに肉うどんの麺抜きである”肉吸い”とお口直しのさっぱりサラダでかんたん献立が完成!

豆乳汁はお豆腐、鮭、ニンジン、ホウレン草を使い和風味に。

かんたんシンプルだけど、しっかりとお腹も満足できる献立です!

うどん餃子の献立2、完全におかず編

・うどん餃子
・ごはん
・小松菜のおひたし
・けんちん汁

こちらは完全にうどん餃子は主菜の献立になっています。

おかずにする際は先に紹介した場合より味は若干濃い目に。

”餃子”ではなく”うどん餃子”になることで和の献立との親和性が高くなりますので、副菜や汁物などは他にお好きな”和のもの”に変えてもぜんぜんOKですね!

餃子の色々な献立まとめ

いかがでしたか?

どんなものにでも合う餃子ですが、シチュエーションやバランスを考えると組合わせるものは変わってきますね。

今回紹介したものはどれも楽しい&美味しい献立ですのでみなさんの参考になればと思います!