イタリア料理

ピザ&パスタ・シチリアーナとはどんな料理?カロリーや意味が気になる!

こんにちは。
料理屋さんのメニューで「シチリアーナ」という名前のついた料理をみかけることがありませんか?

今回はそのシチリアーナピザパスタとは一体どういうものなのか?
その由来や意味と気になる味について、さらに家庭で楽しめる簡単レシピもご紹介したいと思います。

シチリアーナとはどういうもの?その特徴!

最も簡単に、そしてシンプルに言うと・・・

トマトを使ったソースに、茄子が使われているパスタやピザが「シチリアーナ」または「シシリア風」(alla siciliana)と言い地中海最大の島、シチリア島の料理です。

つまり、シチリアーナと言えば、イタリア料理の王道ともいえるトマトソースベースのシンプルな味のものを示すので、想像しやすい料理だと思います。

そしてそこに茄子やオリーブ、アンチョピがトッピングされていることです。

みなさん知らず知らずのうちに食べたことや見たことがあったりするのではないでしょうか?

シチリア風ピザの特徴・カロリー

ではシチリアーナピザに注目してみましょう。

 

View this post on Instagram

 

Anninaさん(@riminianna)がシェアした投稿

トマト風味はどのピザにも共通していますが、ナスやオリーブ、アンチョビはあったりなかったりしますね。

そしてシチリアーナピザには、具材以外にも生地に特徴があります。

生地にフォカッチャ(表面がカリッとして、中は柔らかいイタリア発祥の平たいパン)のように厚みがありふわっとした食感のものを使っているということです。

またシチリア島には「スポンジ」という意味の「Sfincione(スフィンチョーネ)」という柔らかくてふくらんでいるピザのような料理があります。
シチリア島で作られるパン生地はふわっとしていることが特徴なのですね!?

その他の特徴としてシチリアーナピザは比較的四角い形のものが多いのというのもあります。

カロリーはどれくらい?

ピザといえばオイルがたくさん使われているイメージがあり、やはりそのカロリーが気になりますよね!?

一般的なシチリアーナピザの普通サイズを8カットしたうち、1ピース当たりのカロリーは、およそ150キロカロリー程です。

シチリアーナピザは実は食材がシンプルですので、カロリーは意外と控えめとなっています。

シチリアーナの起源・由来と意味は?

パスタやピザの名称のもとになるきっかけは、人や職業から由来したものや、地名に由来するもの、使われる材料やその見た目に由来するものなどさまざまです。

「シチリアーナ」は、イタリア半島南西に位置する地中海最大の島、シチリア島(Sicilia)のことを指しています

つまり地名から由来されている料理なのです。

ノルマ風(alla norma)とも言われることがありますが、これは「オペラの詩人」と呼ばれたシチリア島出身のオペラ作曲家、ヴィンチェンツォ・ベッリーニの名作である「ノルマ」に由来しています。

このノルマ、大変素晴らしい作品として現地では有名で、褒め称える時の感嘆詞のような使われ方をする事もあるんだとか。

現地での文化が反映されているんですね。

シチリアーナ風パスタやピザの大きな特徴として、シチリア島の名産品である茄子がよく使われます

→茄子は、シチリア島の夏の料理には欠かせない食材として知られよく食べられているんですよ!。

作り方(レシピ)やバリエーションは?

ピザとパスタ、レシピの違いもまたオモシロイ!!

ピッツァシチリアーナのレシピ

シチリア風のピザは具材もとてもシンプルです、「これをしなければならない」という厳密な決まりは特にありません。
現地でもナスをのせていないものやオリーブを使わないものなど色々あますが、全て”シチリアーナ”!

 

View this post on Instagram

 

Erik Daemsさん(@eamdaems)がシェアした投稿

ピザの基本ともいえるレシピですが、ご家庭でもできる”少し本格的な”シチリアーナ風ピザのレシピをご紹介しましょう。

材料(1枚分)
・トマトソース     100g
・細かくしたオリーブ  5g(数個)
・茄子         中2本
・ケッパー       6粒
・オレガノ       乾燥、フレッシュどちらでも少々
・アンチョビ      15g
・パン粉        少々
・ピザ生地       1枚

<作り方>

  1. まず、ピザの生地にトマトソースを全体に広げ、茄子、ケッパー、オレガノ、細かくしたブラックオリーブ、アンチョビをバランスよくのせます。
  2. その上から、オリーブオイルを2周ほど回しかけてパン粉を散らし、最後にこんがりと焼いて完成です!

もうホントこれだけなんです(笑)

時間がある場合には生地作りからチャレンジしてみても良いですね!?

米粉を使うとシチリアーナ風のようなふわっとしたタイプの生地が作れますよ。

さらなるアレンジ

·レシピが完成した後に、生ハム乗せるとボリュームアップして食べごたえがあります。

·トマトソースの代わりに、生のトマトをカットしてのせると、よりさっぱりとした味わいになります。

・カロリーを抑えたいときには、チーズや、オイルの多いアンチョビの量を控えめにすれば、ヘルシーなピザになります。

トマトのパスタシチリアーナ


パスタではトマトとナスがなきゃ始まりません!!!

材料(2人分)
・パスタ         200g
・茄子          1本 (塩でアク抜きし水洗いしておく)
・にんにく        2片
・ホールトマト缶     1缶
・鷹の爪         お好みで調節
・イタリアンパセリ    適量
・パルミジャーノチーズ  お好みで調節
・オリーブオイル     大さじ2

<作り方>

  1. フライパンにオイル、ニンニク、鷹の爪を入れ弱火でオイルに香りを移していきます。
    音が出てニンニクが色づいてきたら、取り出します。
  2. そこにベーコンを投入しカリっとしてきたら、強火にし白ワインを入れ、アルコールを飛ばします。
  3. そこへナスとホールトマトを入れ、20分ほどし煮詰まったら、茹で汁をレードル半分程入れ、塩コショウで味を調整。
  4. そこにお好みの硬さに茹でておいたパスタを入れてさっとあえて仕上げにオリーブオイルを入れよく混ぜたら完成です。
    パルジャミーノチーズはお好みで!

・③の段階でキノコやアスパラなどを入れてアレンジしても美味しいですよ。

・ショートパスタで作るとサラダっぽくなってよりオシャレに見えます!

まとめ

「シチリアーナ」は、シチリアの豊かな恵み、おおらかさを思わせる料理です。

同じ”シチリア風”でもパスタとピザでは具材が統一されている訳でないのがまた面白いところですね!?

ですがしっかりどちらもトマトのさっぱり感が感じられる味なのがポイントです。

味自体は比較的シンプルですのでカンタン!

お子様から大人まで美味しく召し上がれるシチリアーナ、是非ご家庭でも作ってみてはいかかでしょうか?