日本の食卓

納豆に合うちょい足し付け合せがうますぎ!おすすめ夜ご飯献立も紹介

納豆に合うちょい足し付け合せがうますぎ!おすすめ夜ご飯献立まで紹介

納豆は安くて栄養満点、そして美味しいことから多くの国民に愛されている”国民食”ともいえる食品です。

朝食にまずは納豆ごはん!という方も多いのでは?

ここではそんな納豆に

・ぴったりの付け合わせ
・メインのおかずとして頂くには?
・おすすめの夜ご飯の献立

を紹介していきます!

納豆にぴったりのちょい足し付け合わせ

納豆にぴったりのちょい足し付け合わせ1

納豆の定番付け合わせといえばパッケージにもほぼ必ず付属している”からし”ですよね?

ここではその他にもたくさんある”納豆の美味しさを引き出す付け合わせ”、ちょい足し食材を紹介していきますね!

ネギ

シャキシャキした食感がいいネギはからしに続く定番付け合わせです。

ネギには納豆の匂いを抑える効果もあり食べやすくなるのもポイントですね。

キムチ

納豆にぴったりのちょい足し付け合わせ・キムチ

美味しく食べるコツはキムチを小さめに刻んで混ぜること、混ざりが良くなり美味しくいただけます。

乳酸発酵したキムチは納豆の匂いを抑える効果もあるんです、そこにごま油を少々垂らすと更に香りが良くなりますよ。

ご飯のお供はもちろん、お酒のつまみにもいいですね!

その他にも柴漬けやたくあん、辛子高菜などのお漬物も相性良し

ネバネバ食材

たくさんの種類があるネバネバ食材は納豆と好相性。

おくら、なめこ、山芋(とろろ)、めかぶなどをお好みで合わせて。

夏の食欲が無いときでもご飯に乗せてスルリと食べられますよ!

梅干し

納豆にぴったりのちょい足し付け合わせ・梅干し

合わせることで梅の酸味がマイルドになると同時に納豆の匂いも和らぐんです。

梅は入れる前にタネを取って刻んでから入れると食べやすくなりますよ。

納豆に付属のパッケージのお醤油をすべて入れるとしょっぱくなるかもしれないので、梅干しの塩分に合わせ醤油の量を調整するのが美味しく頂くポイントです。

パクチー

意外!?と思うかもしれませんがこれが美味しいんです。

パクチーの独特な風味と納豆の香りが不思議と合っていてハマってしまいます。

上級者はここに刻んだアボカドやみょうが、マヨネーズなどを入れ更なるアレンジを楽しんでいたり

ザーサイ

中華のお漬物であるザーサイもとても良く合います。

納豆の粒と同じくらい、1cm角に刻んで混ぜ合わせると食感にアクセントが生まれます!

辛味との相性もよく辛子はもちろん、唐辛子を少々入れても美味しいですよ。

しらす

カルシウムが豊富な”しらす”、納豆と組み合わせることで効果的に栄養補給できるのはもちろん、美味しさも満点。

どちらも旨味が強めなのでタレをさっぱりポン酢で頂いたり、ネギやみょうがやしその葉を刻んで入れることでお箸がより進みます!

ご飯に乗せる際には中央をくぼませて卵黄を添えれば見た目も立派な納豆ご飯の出来上がり♪

納豆ご飯のおすすめ夕食・夜献立!

納豆ご飯のおすすめ夕食・夜献立!

納豆ご飯を夕食で!そんな時にはメインのおかずを一工夫するのがポイント!

納豆ごはん、から納豆を使った料理まで、色々なパターンを紹介していきます。

納豆を夕飯で!おすすめ献立その1

ご飯
・納豆
・肉じゃが
・きゅうりのお漬物
・わかめと揚げのお味噌汁

メインのおかずに和食の定番主菜”肉じゃが”があることで、しっかり和の夕食として成立します。

そこに納豆があっても違和感が無いどころか立派な副菜としての役割を果たしているのがポイント。

もう一品!という時には手間をかけないで出来るほうれん草の炒め物や、れんこんのきんぴらなど簡単に作れるものor常備菜で。

納豆を夕飯で!おすすめ献立その2

ご飯
・いか納豆
・キムチ
・とり天
大根のお味噌汁

イカそうめんと納豆を混ぜ合わせ、卵黄を投入したのがいか納豆です。

そこに”からし”でも良いですが、お好みでわさびを加えてみても美味しいですよ。

キムチはそのまま食べて美味しいですが、いか納豆に入れても美味しく頂けますね。

とり天もあることで食べごたえも十分、納豆を加えた夜ご飯の満足献立です。

納豆を夕飯で!おすすめ献立その3

ご飯
・納豆
・お刺身
・明太子
・なすの煮浸し
・きのこのお味噌汁

お刺身をメインに据えちょっぴり豪華な食卓を。

納豆と魚介は相性が良いですし、煮浸しとお味噌汁でお野菜も摂取!

簡単なものばかりですが、品数も多めですので食卓も華やかに見える献立です。

納豆を夕飯で!おすすめ献立その4

ご飯
・納豆×ひき肉×たけのこの甘辛炒め
・春雨サラダ
・キャベツのお味噌汁

ちょっと趣を変えエスニックな雰囲気で納豆を頂いてみませんか?

→甘辛いためのレシピは簡単

納豆とひき肉、小さく刻んだたけのこをお酒、味噌、お砂糖、豆板醤を合わせたもので炒めるだけ。

ご飯に乗せても良し、レタスで巻いても美味しいですよ。

”納豆ご飯”に飽きたらこんな献立も試してみてはいかがでしょうか♪

納豆を夕飯で!おすすめ献立その5

・ネバネバ丼
・きんぴらごぼう
・ポテトサラダ
・アサリのお味噌汁

ネバネバ丼は納豆、とろろ、オクラ、めかぶになめたけやネギなどを混ぜたものをご飯に乗せるだけ。

動物性タンパク質も欲しい場合はマグロの赤身を入れると美味しく仕上がりますよ!

きんぴらとサラダの小鉢もあることで夕飯として充分な見た目とボリュームがあります。

まとめ

そのまま納豆ご飯として頂いても美味しいですが、コダワリの付け合わせで更に美味しく頂けるので色々試してお好みのものを見つけてみてください!

朝食のお供のイメージが強い納豆ですが、アレンジや主菜次第で夕飯のおかずとしても使える食材です。

こ記事が皆さんの参考になれば幸いです、ではっ♪