韓国料理

韓国料理タットリタンとは?韓国語の意味や絶品レシピも!  

こんにちは!皆さん韓国料理はお好きですか?

韓国料理はとても人気で、すでに我々の日常に馴染んできたと言っても過言ではないくらい。

私は特に辛いものが大、大、大好きなもので(笑)良く韓国料理屋さんでごはんしたりします。
特に煮込み料理はこれからの時期アツアツで食べたくなってきますよね!

今回は、そんな韓国の煮込み料理の中の一つ「タットリタン」について調べてみる事にしました。

韓国料理タットリタンとはどのような食べ物?


韓国料理タットリタンとは鶏と野菜を辛いスープで煮込んだ煮込み料理です。

韓国語のハングルでは、『닭도리탕』と書きます!

具材には主に

  • 丸鶏
  • ジャガイモ
  • にんじん
  • 玉ねぎ

これらが入っています。

タットリタンは韓国の一般家庭で食べられるポピュラーな家庭料理で、日本でいう「肉じゃが」のような位置づけとも言われています。

家庭料理ということで家で調理し食べられることが多く、韓国料理レストランなどのメニューにはあまり見られないというのも特徴です!

丸鶏をそのまま使って作ることが鶏のだしがしっかり出て野菜がおいしく食べられます!
ニンニクと唐辛子の相性もきっと良いのでしょう。

砂糖も入っているので甘じょっぱくてピリッと辛く、ごはんのおかずに最高な一品ですね!なのではないかと思われますね。

そして長ネギや、エゴマの葉を煮込んだ後に添えるのが一般的です。

ご飯と食べるのはもちろんのこと、具を食べ終わった後にご飯や麺を煮込んで〆ることもあるそうで、スープまですべて頂くのが基本なんですよ。

タットリタンの歴史や意味、由来

タットリタンの「タッ」は鶏という意味を表し、「タン」はスープ料理や、湯という意味を表しています。

では「トリ」はどのような意味なのでしょう!?
これには諸説あるようなのです。

  1. まず1つ目の説は、「トリ」は日本語の「鶏」に由来されているという説。
  2. そして2つ目の説は、丸鶏をぶつ切りに裁く工程を表現している動詞「トリチダ」という韓国語が由来だという説です。

タットリタンは純粋な韓国料理だと思われるため、2つ目の説である「トリチダ」が由来になっている方が有力だと思われますね。

タットリタンは安東や慶尚道という地域の郷土料理であるチムタクから派生してできた料理であり歴史はそれほど古くは無い様子。

では、タットリタンによく似ているカムジャタや、派生の元となったチムタクとはどう違うのでしょう。

カムジャタンやチムタクとの違い

タットリタンには似た見た目や名前の料理があります!

ここではその違いを詳しく解説していきますね。

カムジャタンとの違い


一見タットリタンと似ているカムジャタンですが中に入っているものが違うんです!

カムジャタンは鶏ではなく、少し肉の残った豚骨を使います
野菜も長ネギとジャガイモのみで、ニンジンや玉ねぎは入っていません

調味料もショウガを使い、砂糖は入っていないためしっかりと辛いスープになるみたいです。
これも辛いもの好きの私から見ると美味しそうです(笑)

チムタクとの違い

こちらがチムタクです。

チムタクは鶏肉や野菜蒸し煮にした料理で、醤油ベースの味付けになっているので辛くないという事と、韓国春雨『タンミョン』が入っているのが特徴です。

タットリタンは”スープ”を飲む料理ですが、チムタクは”食べる!”というニュアンスの料理ですね。

タットリタンの作り方

では、ここからは、そんな気になるタットリタンの作り方を紹介していきますね!

 

◇材料(二人前)
・丸鶏(無ければ鶏の骨付き肉でも可)…500g
・ジャガイモ 中2個
・ニンジン  1/2本
・玉ねぎ   1/2個
・長ネギ   1/2本
・エゴマの葉 2~3枚
・唐辛子   1本
・サラダ油  少々
・ごま油   少々
◇スープの素
・唐辛子粉    大さじ1
・コチュジャン  大さじ1
・砂糖      小さじ1
・醤油      大さじ1
・お酒      大さじ1
・おろしにんにく 大さじ1/2
・白ごま     お好みで

 

丸鶏をぶつ切りにするのが日本ではとても難しいので、骨付き肉を利用するのも良いですよ。
確かにぶつ切りにする専用の包丁は日本の一般家庭にはなかなかありませんからね(笑)

◇作り方

  1. スープの素をすべてよく混ぜ合わせる。
  2. ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎを大きめに切っておく。
  3. 長ネギと唐辛子を5ミリぐらいの大きさに斜め切りする。
  4. 鍋にサラダ油を引き、鶏肉と唐辛子を炒める。
  5. 鶏に火が通ったら(軽く)鶏がかぶるくらいの水を入れて、②の切った野菜を入れる。
  6. ⑤に①で作ったスープの素を入れて煮詰めていく
  7. 煮汁が半分ぐらいになると火を止めて、ごま油をかけ、エゴマの葉、長ネギを添えて完成!

一見煮込み料理は難しく感じてしまいますが、骨付き肉ならスーパーで簡単に買えます!
家でも簡単に作ることができそうですね。

見た目ほど辛くなくとっても食べやすいことにびっくりするはず!!!

家庭の味ということで具材はこの他にもキノコやトッポッキ(お餅)を入れたりなど家庭によって違ったりするみたい!

お好きな具材をプラスして美味しく食べてみてください。

😁私は食べ終えたらご飯とチーズを入れて食べるのが好き!!!
とっても美味しいのでオススメです♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は韓国の家庭料理タットリタンについていろいろ紹介してきました。

食堂でもし見つけたら&ご家庭で、韓国風”肉じゃが”といわれるその味を是非一度味わってみてください。

辛いけどなんだか優しいその味にきっと夢中になってしまいますよ!